• 電話番号06-4866-7311
  • お問い合わせ
     
 · 

大手宅配会社ではなく弊社に配送を依頼するメリット

軽貨物トラックに荷物を積み込む作業

小林運送店の小林です。

 

一般のお客様にとって、荷物を届けてもらうとなると、いくつかの大手宅配会社がすぐに頭に浮かぶかと思います。

弊社のような名もない小さな運送会社に依頼するなんて考えられませんよね。

 

実際、一般のお客様からのご依頼は承っていないのですが、法人様でも、小規模な法人様や個人事業主様であれば、大手宅配会社以外の運送会社に配送を依頼した経験がない方も多いかもしれません。

 

そこで、運送業界に詳しくない方向けに、大手宅配会社ではなく弊社のような小さな運送会社に配送を依頼するメリットについてご説明いたします。

小林運送店のメリット1:何と言っても価格

例えば某大手宅配会社の冷蔵便で10kg以内100サイズ(縦・横・高さの3辺計が100cm以内)の荷物を大阪府内から大阪府内の別の場所へ送る場合、基本料金で1,700円くらいです。

集荷は依頼せず配送センターへ持ち込んだり、デジタル送り状を準備したり、支払い方法の割引などを活用すると少し安くなったりしますが、大手宅配会社では、人件費の高騰、荷物量の急激な増加の影響を受けて、年々配送料金は上がっています。

 

大手宅配会社のサービスの場合、荷物が1個でも10個でも単価は変わりません。

例えば100サイズの冷蔵でお届け必要な荷物を上記の宅配会社で10個送るとすると、基本料金は17,000円くらいになります。

 

弊社の場合、100サイズの荷物を10個、その荷物を弊社の配送ルート内でお届け時間帯に幅があるという条件であれば、だいたいその半額くらいに配送料を抑えることができます。

集荷もしますし、お届けまでの間、弊社の冷蔵庫で保管もいたします。

配送を依頼したい荷主様にとって、やはり価格は最優先事項だと思いますので、この点で弊社への依頼はメリットが大きいです。

 

ただし、日によって荷物の個数が変わる場合、それが5個でも7個でも、10個の場合と同じ配送料になります。

個数の変動が激しい場合は、必ずしもお得にならないかもしれません。

定期の仕事を受けることで単価を下げておりますので、そこはご理解ください。

小林運送店のメリット2:融通が効く

どんな業種でも同じだと思いますが、全国展開で大規模にやっている会社は統一した規定があり、依頼側はそれに従わざるを得ません。

一人のお客様だけに特別な優遇をすれば、それが他に知られると不公平だと不満になってしまうので、人情で対応してあげたい気持ちはあれど、一担当者が会社の規定を破って特別対応はできません。

 

しかし、弊社のような小さな運送会社であれば、人と人とのやり取りです。

今回だけ変えてほしいことがある、この日はお届け時間を変えてほしいなどのご要望にも、対応できることはできるだけ対応しております。

弊社がご迷惑をおかけすることもありますし、お互い困ったときは助け合いだと思いますので。

小林運送店のメリット3:冷蔵室がある

弊社は社員10名以下の小さな運送会社ですが、過去に学校給食に携わった経緯で、冷蔵室がございます。

集荷でお預かりした食品を冷蔵保管し、翌日お届けすることが可能です。

 

弊社の規模の小さな軽貨物運送会社で冷蔵室を持っている会社はほぼないと思います。

それなりの維持費もかかりますので(笑)

なぜ大手宅配会社より配送料を安くできるのか

一台の配送用軽トラックには複数の荷主様の荷物を積んで配送しております。

弊社の場合、配送ルートがいくつかあり、

  • 梅田周辺
  • 心斎橋・なんば周辺
  • 大阪ドーム
  • 新大阪周辺
  • 南森町周辺
  • 西宮ガーデンズ
  • 阪急百貨店三宮店
  • イオンモール伊丹・伊丹昆陽
  • つかしん

などに配送しております。

 

既存の配送ルート内の近くにお届け場所があるようでしたら、その配送ルートの荷物はまとめて一台に混載して配送するので配送効率が上がり、人件費も配達時間も最小限にすることができます。

配送の効率を上げることで配送料を安く抑えることができるのです。

 

 

上記エリアに定期的に配送する荷物がある方、お得になる可能性がありますので、ぜひ一度弊社にご相談ください。

他に配送料を安く抑える条件はあるか

荷主様にとっては何よりも配送料の金額が気になるところだと思うのですが、弊社にとっては配達時間が一番気になるところです。

先に挙げた配達エリアと配達時間、この組み合わせでさらに配送料を安く抑えることが可能です。

 

お届けする時間の幅が狭い、ニーズの多い午前の時間帯のお届けになると、余裕がなくなり、追加で別のトラックを走らせないといけないので、その分価格交渉が難しくなります。

それから、ほとんどの荷物の配達希望時間は午前から午後3時くらいまでなので、午後3時以降のお届けとなるとこれも価格交渉は難しいです。

 

逆に、配達時間に幅が大きければ、その日の状況によって調整がしやすくなりますので、その分お安く見積もることが可能です。

あとはケースの回収の有無、返品業務の有無、売り場前までのお届けの有無などによっても見積は変わってきます。

小林運送店への依頼にメリットが少ない場合

最後に、弊社に依頼してもメリットが少ない場合、というか、弊社の得意としない内容であまりお引き受けしていない例もご案内します。

京阪神エリアより以遠へのお届け

配送エリアを弊社所在地の豊中市近郊に絞り、京阪神地域で配送業務を行うことで効率化し、高速道路代やガソリン代を抑えて低価格を実現しております。

京阪神エリアより以遠へのお届けの場合は遠距離を得意とする運送会社に比べてメリットが少なくなりますし、ほとんどお引き受けしておりません。

午後3時以降のお届け

ほとんどのお届けが午前から午後3時くらいまでに集中していますので、ドライバーの稼働時間も午後3時頃までとしています。

午後3時以降のお届けの場合、そのお届け専用にドライバーを割くことになりますので価格面でお得にできません。

一度お見積りをご相談ください

いかがでしたでしょうか、運送会社側の都合をご理解いただくと、より柔軟に交渉ができるかと思い、記させていただきました。

もしご興味ございましたら、一度お見積りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

しつこい営業はしませんので、見積だけでも大丈夫です。